2008年09月28日

NYLON100℃ 32nd SESSION 「シャープさんフラットさん」<ブラックチーム>@本多劇場

080920_sharpsan_flatsan.jpg

作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:大倉孝二/犬山イヌコ/みのすけ/峯村リエ/長田奈麻/植木夏十/喜安浩平/大山鎬則/廻飛雄/柚木幹斗/三宅弘城/小池栄子/坂井真紀/住田隆/マギー

先週のホワイトチームに続いてブラックチーム。

どちらを先に観るかによって大きく印象が変わる芝居ではないでしょうか。
役者さんは大変ですね。比べられちゃうから。

先に観たホワイトの方が芝居としては純粋に楽しめたかも。
ブラックでは芝居を観ながらやはり両方の舞台を比べてしまったけど、それが今回の公演の面白さ。
同じ役でも演じる役者によって、その役の意味さえも変わってしまう。

ホワイトの三宅弘城は驚きだった。まさかこんなシリアスな役がはまるとは。
大倉孝二の煙はすべてを諦めきった荒んだ感じがよかった。その風貌もあって時に凄みさえ感じるほど。

好きな場面は赤坂さんがプレイルームを去り際に小柱に「とろける大工さん、よかったですよ」というあのくだり。この赤坂さんという役は深みがあってすごく好き。松永玲子、峯村リエどちらもいい芝居でした。

もう一度どちらかを観るならブラックかな。でも当分は観る気がしません。あまりにも重過ぎて。

「日体大の体育教師です」の台詞に大笑いし、最後の「下連雀一丁目」の台詞に涙した、そんな芝居。


今回も映像と音楽が素晴らしかった。
posted by sugimaru at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇

2008年09月27日

epic45 Japan tour 2008 & miaou "all around us" release tour@渋谷O-nest

080927_epic45.jpg

miaou/epic45

受付を通って下のステージに降りていったとき、一瞬入口がわからず隣のトイレに入りそうになった。「えっ、いったいどうしたんだ?」と思ったら入口のところまで人が溢れていてドアが開いたままだった。そういえばエレベーターで上がってくる時、今日はやけに音が響いているな、なんて思っていたら。
miaouのライブが始まっていたけど人が多過ぎて中へ入れない。途中MCで「もうちょっと前に詰めてください」ということでなんとか入ることができてドアもしまったけど、人の背中しか見えません。あきらめて音だけ聴くことに。最後の曲が素敵でした。

epic45も音だけ?と思ったけど、miaouが終って人が流れてきたので前の人にくっついて中へ中へ。

最初の方こそ「あっCDと一緒だ」なんて感じだったけど。要するにちょっともの足りないというか。でも徐々に引き込まれていって、とくに最後とアンコールのドラム(たぶんmiaouの人)が入った曲は素晴らしかった。

なんか渋谷は相変わらず人が多いは、昼からずっと立ちっぱなしでライブ観て腰は痛いは、そんでネストに来てみればぎゅうぎゅうだはで、もう早く帰りたいなんて思っていたけど、epic45のライブはそんなこと全部忘れるほど圧倒的な美しさ。
そしてあらためて音楽の素晴らしさを実感。音だけでこんなにも美しい世界を創れるなんて。
posted by sugimaru at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

CLOSER vol.3 東京公演@法政大学 外濠校舎

080927_closervol3.jpg

CLOSERの3回目。
今回の会場は法政大学外濠校舎B1F 多目的室1・多目的室3というライブ会場とは思えないような堅い名前のところでした。

やっぱりいいイベントだなあ。
運営スタッフも参加バンドの方や学生さんがやっていて手作り感満載。それだけに主催者側の想いがちゃんと伝わってくるような、他のライブではなかなか味わえないようなあの雰囲気がすごく好き。

夜は別のライブがあったので途中まででしたが、そこまでのバンドは全部観た。

ARTLESS NOTE(多目的室1)
 ↓
SFOUR(多目的室3)
 ↓
bloom field(多目的室1)
 ↓
ASAYAKE01(多目的室3)
 ↓
folk squat(多目的室1)
 ↓
oaqk(多目的室3)
 ↓
short film no.9(多目的室1)

途中1のステージが押してしまって、1〜2曲だけのもあったけど。
他の出演バンドはこんな感じ。

what ever film/iierro/rega/Psychedelicious/cryv/miyauchi yuri/キツネの嫁入り/neonsign/4 bonjour’s partiesYucca

regaが観たかったけど時間的に無理だったのが残念。

今回はロケーションも良かったです。周りに緑がたくさんあって人も少なくて静かだし、建物はきれいだし。
受付を挟んだ2つの部屋で、近いから行き来も楽だったし。
真ん中の受付の当たりには出演バンドの人たちがたまっていて、ざわざわとしてなんだかちょっと学園祭みたいな雰囲気でした。


そして何よりも一番嬉しかったのが、ひさびさにやってきたあの感覚。
「あぁ、出逢ってしまった」と思えるような音楽に出逢ってしまったかもしれない…
posted by sugimaru at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年09月23日

924@SHIBUYA-AX

People In The Box/the telephones/スパルタローカルズ/五十嵐隆(犬が吠える)


それまではSEが止んで照明が落ちると拍手と歓声が起ったのに、五十嵐さんのときは水を打ったようにしーんと静まり返ってた。

いったいどう出てくるのかまったく想像できなかったけど、1、2曲目がすごく好きな感じの曲だったのでちょっとホッとした。
シロップの時はライブで初めて聴く曲はほとんど歌詞が聴き取れなかったけど、今日はけっこう歌詞がはっきり聴き取れた。一番反応したのが「中央線が止まっても〜」ってとこ。「そうそう中央線ってすぐ止まるんだよね」って。
6〜7曲やって、相変わらず何も喋らず退場。ちゃんと言葉にして伝えた方がいい場面もあると思うのだが。


五十嵐さん抜きで考えて、たまたま観たライブで何も知らずにこのバンドが出てきたら、またライブ観たいCD欲しいってって思うかどうか……たぶん思わなかったんじゃないかな。
シロップは私にとっては無条件に優先順位がトップだったけど、そこは一旦まっさらにして、この先CD聴いてライブを観て自分がどう思うのか、それはそれで楽しみだったりする。


テレフォンズよかった。
ミラーボールは天井に吊ってあるよりあの位置の方が断然おしゃれ。真っ暗ななかライトが当たってきらーんってなるのががなかなかいい演出だった。
新曲の2曲目がいい感じ。ハンドクラップありコールアンドレスポンスありで、ライブで多いに盛り上がりそうな曲。
posted by sugimaru at 23:37 | Comment(4) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年09月21日

avengers in sci-fi presents (THE DARKSIDE OF) SCIENCE ACTION@六本木super deluxe

guest:the chef cooks me

080921_sci-fi.jpg


フロアライブって初めて。お客さんがもう目の前。後方は段々の台になってるので後ろの方でもわりと見やすかった。

シェフはウィーケンから。2曲目のWe love Cityは「ワンツースリーで跳ぶからね」って、この前まではフォーで跳んでたのに。
例の振り付けの曲は、みーちゃんとヨッシーのダンスがかっこよくなってた。なかなか動きに切れがあって。歌詞はかなりサイファイver。
僕らの〜は新録ver.で「Bo・Bo・Bo・Bo・僕らの住む町〜」が聴けて嬉しい。
最後のライフスタiLLはシモリョーさんのぶっ壊れ具合がすごかった。入口の方の誰もいないようなところでまで行って歌ってた。

アベンジャは新曲けっこうやっていて、新曲3曲目くらいのジャカジャカジャカジャカってかんじの曲がよかった。
VJもサイファイちっくでよかったです。「シェフにはVJ使わせなかったけど、これは主催者の特権です」って。
イナミさんにはみょうがとなすの差し入れ。お味噌汁にするのであとは味噌を待ってるとのことでした。
最後は先生に一言と、先生が喋ろうとしたところでタロウさんが「あ、告知があったんだ」
でも最後はハッセの「サイファイしよーぜ!」でナユタナイ、すごい盛り上がりでした。

日曜の夜の六本木なんていやだなー雨も降ってるしって相変わらず出かけるまでグズグズしてたけど、行ったらやっぱり楽しかった。
posted by sugimaru at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年09月20日

NYLON100℃ 32nd SESSION 「シャープさんフラットさん」<ホワイトチーム>@本多劇場

080920_sharpsan_flatsan.jpg

作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:三宅弘城/松永玲子/村岡希美/廣川三憲/新谷真弓/安澤千草/藤田秀世/吉増裕士/皆戸麻衣/杉山薫/眼鏡太郎/大倉孝二/佐藤江梨子/清水宏/六角慎司/河原雅彦


来週はブラックチーム。
posted by sugimaru at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇

2008年09月18日

euphoria 3rd album“silence in everywhere”release tour@渋谷O-nest

080918_euphoria.jpg


WATER WATER CAMEL/LLama /euphoria

LLamaのボーカルさんが「今日はキャメルとラマでどちらも偶蹄目科つながりで……euphoriaってなんて意味?」ってメンバーやお客さんに聞いていたけどだれも知らなかった。
私は知ってる…はずだったんだけどとっさにわからなくて「あれ?なんて意味だっけ」その場ではまったく思い出せず。

でも、euphoriaのライブ中突如思い出した。「そうだそうだこれだよ!」って。
euphoriaは「幸福感」とか「高揚感」という意味。
まさに“euphoria”なライブでした。

アルバムの曲はどれもよかったけど「Butterfly Track」がよかった。とくにドラムがすごくよかった。でも「white pattern」はやっぱり最強。私にとってeuphoriaそのものと言える曲。

レコ発にしては短すぎるんじゃない?というくらい、あっという間に終ってしまって、ちょっともの足りない。けど、12月にnestでワンマンやるそうです。


お土産にTシャツを買って帰ってきましたが、やっぱりeuphoriaはTシャツも最強。何がいいって、ベースのTシャツがいいんです。生地といい襟ぐりの開きといい、袖ぐりといい。こういうところにデザイナーさんのセンスの良さが伺える。ただのグッズと侮らず他のバンドもこれくらい気を使ってもらいたいものです。
posted by sugimaru at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年09月17日

スプートニカ/wooderd chiarie

080917_sputnika.gif

曲もさることながら、これ、アートワークがすごく凝ってます。
三作品による短篇集ということで文庫本をイメージしたデザイン。
とくに歌詞カードの凝りようはなかなかで、全192ページの大作。
といっても本当は表1表4も含めて8ページですけど。
でもちゃんと目次も奥付もあって本当に文庫本みたい。
遊び心も満載で表紙の出版社名や文庫名やカットなんかも
徹底してウッダードチアリ仕様になっていてニヤッとさせられる。
posted by sugimaru at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2008年09月11日

僕らの住む町

見た見たPV。

ウ〜ウ〜もラ〜ラ〜もフォ〜も、もちろんハンドクラップも入ってました。
でも最後の歓声と拍手はなかった。やっぱりテンション高過ぎた?

前のVer.よりハートウォーミングでちょっとノスタルジックな感じ…そう感じるのは映像のせいかな。

これまでのPV同様、すごくPOPでカラフル。
でもライフスタiLL〜みたいにヴィヴィッドじゃなく、パステルぽい。
そのパステルにどことなくセピアがかったような、色褪せた古いカラー写真みたいな懐かしい色使い。
ブログで見たオシャレにデコレーションされたキーボードもちらっと見えました。
posted by sugimaru at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2008年09月09日

ENGAWA BOYS PENTATONIC PUNK/neco眠る

cd_engawa_boys_pentatonic_punk.jpg
ついに出ました!
neco眠る1stフルアルバム
「ENGAWA BOYS PENTATONIC PUN」

6月の旅団のリリースパーティーで初めて観て「なんだ、なんだこれは、めちゃめちゃ楽しい〜」と、その場で私の2008年後半イチ押しはneco眠るに決定だ!とまで思ってしまったバンド。


これまで聴いたことないような音楽でとても新鮮、なのになんだかとっても懐かしい。なんというか日本人としても血が騒ぐとでも言うのでしょうか。

neco眠るは「大阪発盆踊り系インストダブバンド」って言われていて、たしかに盆踊りとか、お祭りとかって感じなんだけど、でもなんかしっくりこなくてずっとなんだろうって考えていたら、この前あるサイトで「チンドン屋」って書かれてるのを見て、なんだかやっとすっきりした。
そうそう私の中ではチンドン屋さんが一番しっくりくる。どうりで懐かしいはず。それもかなりアグレッシブなチンドン屋さん。

とにかく踊りまくりたい人はみんなneco眠るのライブに行けばいいと思う。
すごく楽しいから。



→MySpace

ここでライブ映像が見れますが、すごいです。お客さんのはじけっぷりが半端じゃない。


あとCD見てびっくりしたのが、ベースの人の名前が「伊藤コーポレーション(株)」
かっこかぶって、いったい何者? 確かにライブでもものすごいインパクトあったけど。
posted by sugimaru at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。