2008年10月23日

wooderd chiarie presents『オオガラスの放物線vol.3』@下北沢SHELTER

オオガラスの放物線 vol.3

24 -two four-/nenem/wooderd chiarie

SHELTERはちょっと苦手。ぎゅうぎゅうになると「出して〜、私をここから出して〜」って叫びたくなる。でも今日はそんなにぎゅうぎゅうにもならずちょうどいいかんじ。


24 -two four-
2年くらい前に一度観たことがあって、その時はちょっとタバコジュースみたい、な印象を持った覚えがある。前に見た時はインストだったような気がするんだけど…。すごくハッピーでタバコから影の部分を取り除いたようなバンド。東名高速が好きなんだけど今日は工事中で中央道できたら、中央道も好きになった的なMC。あとベースさんがゆたちんさんのおもしろエピソードをぜひに言いたいってことで「ゆたちんです! 久保寺です!」のエピソードをひとしきり。

nenem
1曲目から6〜7曲目くらいまで途切れることなく圧倒するような演奏。客に拍手する暇さえ与えないといった感じ。今年のはじめにナインスパイスでレコ発を観たけど、あの時よりずっとよかった。もっとオシャレな空間が似合うと思っていたけど意外とSHELTERにあってました。
ステージが狭くて映像がメンバーに被ってしまってよくわからなかったけど、それも演出?と思うほどなんか混沌としてかっこよかった。

wooderd chiarie
この日は11月に出る「シンボリック・エレファント」のお披露目会ということで、アルバムの曲を収録順どおり全曲やったわけですが…。アルバムの発売まで1ヶ月もあるというのに、それはもう完成度の高いライブ。圧巻でした!

ライブで何度も聴いている曲もあれば、初めて聴く曲もあり、そしてあの曲がこんなことに!!! だったり、この曲がこんなことに!!!!! だったりと、もう半分くらいのところで私はすでにキャパオーバー。今日はこのへんにして続きは明日にしてくれないか!とか本気で思ったりも…。

けっこう緊張感のあるライブでしたが、7、8、9曲目のスロー・ラーナー〜musth〜Brazilが終ってその緊張感もほぐれてきたのか、ここでほのぼのMCタイム。次のsputnicaについてタツマくんにMCを振るものの「あたま、真っ白っすね〜」と言葉が出てこない。そんなタツマくんに「疲れた?」「水飲みなよ」「ゆっくり喋っていいんだよ」って、お母さんかよ!ってくらいやさしく声をかけるゆたちんさん。そして、そのほのぼのエアーにちゃちゃを入れるオワセさん、というこれまであまり見たことない光景。オワセさんのつっこみがなかなか効いてました。

ライブが終ってアンコールの拍手。私はもう充分満足でこのまま終ってもいいくらいに思ったけど、でもこの素晴らしい演奏には拍手を贈るしか術がない。その拍手にとって返すように飛び出してきたクボテラさん。お客さんから「早い!」って突っ込まれてたけど…。クボテラさんの「何やりましょうか?」って言葉に即座に「昨日決めたじゃん」って返すオワセさん。

ウッダード・チアリらしい緊張感と温かさを感じさせるそんなライブ。


more...
posted by sugimaru at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。