2009年06月22日

オフレコ・ジャンボリー vol.1@代官山UNIT

SCANDAL/リリー・フランキー/LASTORDERZ (安齋肇, 田口トモロヲ, 淡谷三治, 小野かほり, MAKI 999)


安斎肇率いる(率いてないかも)LASTORDERZにトモロヲさんが新規加入して、その記念すべき第一回目のライブということで行ってきました。

トモロヲさんのライブを観るのは初めて。
かつて、数十年前になりますが、当時は追っかけか?というくらいトモロヲさんの舞台はほとんど観ているのに、ライブには一度も行ったことがない。舞台であればどんなアングラなものでも平気で行けたのに、ライブには勇気がなくて行けなかった。とくにトモロヲさんのステージでのあの炊飯器関係の話を聞いただけで「ぜったい無理!」
というわけで、ばちかぶりもガガーリンも一度も観たことないので、生で歌うトモロヲさんは初。

でもこのイベントは『オフレコ・ジャンボリー』のタイトルどおり、キーワードが「ここで起きたことは、外でしゃべるな!ブログに書くな!」というわけで完全オフレコらしいので書いちゃいけないみたい(ホントかよ)。


なので、トモロヲさんのファッションだけ。
黒いジャケットに破いたTシャツ(破きすぎて大事故に遇った人みたいになっちゃった:本人談)、赤いネクタイにチェックのパンツ(MILKBOY/なんかプレス専用の地下室みたいなところに連れてかれて買わなきゃ出してもらえない雰囲気で、他のメンバーは買わない気まんまんだったので、安斎さんと二人で買うはめになった:本人談)。
普通52歳でこの格好したら痛々しくて見てられないけど、さすがトモロヲさん、まったく違和感なし。

しかし、SCANDALって誰? リリー・フランキーって歌うの?ってくらいの認識でいってしまったので、なんか途中までわけがよくわからなかった。
SCANDALは10代の女の子四人のバンド。一人高校生らしく最後アンコールで全員出てきた時は、その高校生の子は10時過ぎはお仕事しちゃ行けないので、三人だけ。
リリーさん曰く「10代が四人で20代、30代がひとりも出てない」、トモロヲさんも「SCANDALは四人足して80いくつだけど、僕と安斎さんで100歳超えでーす」
で、出演者もよくわからないけど、お客さんもわけわからない。老若男女入り乱れって感じで、あんな年齢層の広いライブはなかなかないです。

ライブも2〜3曲やっては「はいっ!休憩」「どうぞご歓談を」「小休止!」と演奏してるのと喋ってるのと同じくらい。
「僕ら本気で休憩してますから、みなさんも遠慮なく休んでください」
「新しいライブの形を提案していきます」
「バンドはお客さんが育てるものですから、どうか温かい目で育てていってください」
などなど。ゆるかった。

安斎さん、途中姿が見えないと思ったら1曲まるまる休んでいたらしいし、トモロヲさんも自分が歌わない時は後ろでしゃがんでるし。なんか安斎さん途中からおじいちゃんに見えてきたもの。
でもやっぱりトモロヲさんはかっこよかった。唾はきまくってズボン脱いで最後はダイブ。でも「地面がすごく近くて、もうこれで終わりかと思った」って言ってたけど、ダイブはやめた方がいいです。怪我でもしたら大変。


このイベントは続いていくらしいですが、私は次はもういいかな。
またタモリ倶楽部で反省会やってくれたら見たいけど。
posted by sugimaru at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '09
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122093391

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。