2007年03月16日

演劇ぶっく

昨日書いた演劇キックって、演劇ぶっくがやっているプロジェクトらしいです。

「演劇ぶっく」というのは小劇場を中心としたお芝居の雑誌です。
最近見てないので、今現在どんな内容になってるかはわからないけど…


私、創刊号を買った記憶がある。
確か後ろの方の小さなコーナーにトモロヲさんがイラストを連載していたんだっけ。

それまで演劇の雑誌といえば「新劇」か「テアトロ」くらいで、どちらも文章中心のちょっと固めの雑誌だったけど「演劇ぶっく」は写真満載で画期的だった。

まだ、あったかなと思って押入のぞいてみたけど、わからん! やっぱり捨てちゃったかな?


かわりにこんなもの見つけた。

070316_magazine.jpg

私の本です。


うそです。
posted by sugimaru at 23:23 | Comment(8) | TrackBack(0) | 映画・演劇
この記事へのコメント
「すぎまるマガジン」!!!
おもわず吹いてしまいました
しかも7って・・・もう前に6冊もでてるのかよっ みたいな
Posted by dolly at 2007年03月17日 02:15
現在vol.17が出てるらしいです。
7が10年前なので1年に1冊ペース、がんばってます。
いや、私はまったく関係ありませんが。
Posted by sugimaru at 2007年03月17日 12:01
うそかい!(笑)

明日はいよいよセカンドラインでスリーピーのライブだよっ。
見事にシロップつながりで出会った仲間が集うのさ。
シロップ→スリーピーって流れが不思議。
Posted by Rinko at 2007年03月17日 15:20
Rinkoさん、大阪はいよいよ明日ですね。京都は行かないんでしたっけ? いくらRinkoさんでもそこまでは…?

シロップからスリーピーって、私の中ではごく自然な流れでした。音楽的なことではなく、シロップ初めて聴いた時の「あぁ、出逢ってしまった」っていう感覚を、スリーピーの時にも感じました。
今でもあの「出逢ってしまった」感覚が欲しくてあっちやこっちのライブに行っているようなものです。
Posted by sugimaru at 2007年03月17日 17:02
そうだったんですね。何かに取り付かれたようにライブに行かれるわけは。(ひそかに尊敬しておるのですよ)
「いくらRinkoさんでも・・」ってのが気になりますが、翌々日(火曜日)に別のライブのために月曜日を深夜入りにしちゃったので無理なのです。どこでもドアがあれば行けるけど。
大阪のあとはMARZまでガマンします。もうすぐみんなに会えますねっ。
Posted by Rinko at 2007年03月17日 19:02
ひゃぁ〜、私ったら何かに取り付かれたように見えますか?
そりゃまずい、気をつけよう(笑)
MARZ楽しみにしてますよ。お仕事がんばってください。
Posted by sugimaru at 2007年03月17日 21:36
で、この本は何なの〜?(笑)

て、調べてみたら・・はぁ、そういうことね!

もうすぐですねー♪
Posted by ショウ at 2007年03月17日 21:40
ショウさん、息子さんに頼んだら手に入るんじゃないかな?

迫ってきましたね〜♪ お待ちしてま〜す。
Posted by sugimaru at 2007年03月17日 21:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。