2007年10月28日

wooderd chiarie presents **オオガラスの放物線 vol.2**@新宿NINE SPICES

the north end/Serial TV drama/wooderd chiarie

071028_oogarasu.jpg


初めて行ってきました、新宿ナインスパイス。オープンからちょうど1ヶ月。
フロアに入ると新築のお宅にお邪魔した時の匂いがしました。新しい匂い。そんなに広くはないけど、おしゃれでいい感じ。
フロア内は禁煙なので快適です。と、喫煙者の私が言ってるので間違いないです。


01. throb in theory
02. 幽霊たち
03. フォークロア
04. マジックアワー
05. ブルー
06. アイのストーリー
07. access for rewriting
08. 心象風景画
en. 存在のエピタフ

新曲のタイトルは「ブルー」
どこまでも優しくきれいな曲。そう言ってしまうとwooderd chiarieの場合は何の説明にもなっていないけど。
初めて聴く曲なのにどこか懐かしい気持ち。聴きながらいつかどこかでこんな気持ちを味わったなと思いつつも、でもそれがいつ、どこで、だったのかは思い出せないまま。
この曲、私の中では珍しくかなり具体的な情景が浮かんできました。季節と時間と景色、そしてそれを見ている視点(自分の)と、あまりに具体的すぎて“なんだ、それは〜”と突っ込みたくなるほど。

この日はwooderd chiarie企画だし、ナインスパイスだし、ということもあって知り合いも多かったんでしょうね。ナインスパイスもすでにホームといった雰囲気でした。
クボテラさんのMCも絶好調・・・というか噛み過ぎ! そしてお客さん突っ込み過ぎ!
最後の曲の前にクボテラさんが「次の曲で一応最後です」って言ったとたん、メンバーもお客さんもみんなが一斉に突っ込んだのがおかしかった。「一応」って!!!

その“一応”最後の曲の「心象風景画」。この前のMotionもよかったけど、今日のもよかった。
あの一瞬静かになった後一斉にドンっと入るところ、わかっているけど毎回ゾクッとしてしまう。
そこからの轟音で混沌となっていくところがたまらない。ほんとライブならではの醍醐味です。



で、この日wooderd chiarieは新たなスタートをきったらしいです。なにをもって新たなスタートといっているのかはよくわかりませんが、ノースエンドの人もそのようなことを言っていたし、クボテラさんもそう言っていたので、たぶんそうなんだと思います。

とりあえず、オフィシャルサイトが新しくなったそうです。
http://www.wooderdchiarie.com/

昔のオフィシャルのイラストが使われていました。
きっとこれも思い入れのあるイラストなんでしょうね。
ようやくバンドのイメージにあったHPができたようで、よかった、よかった。
posted by sugimaru at 23:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | ライブ '07
この記事へのコメント
この前の神戸のライブのあと、「今度の関西でのライブは12月」ということだったので楽しみにしていたのですが・・・12/21・・・職場の忘年会の日だ・・・と今日気づきました。
えーーーん(T_T)
Posted by Rinko at 2007年11月03日 22:28
>Rinkoさん
お久しぶりです。
暮れも押し詰まってなにかと忙しい時期ですものね。
でも私は去年の忘年会の日に「どうしても抜けられない用事があって…」ってライブ行っちゃいましたけど。
Posted by sugimaru at 2007年11月04日 10:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63969650

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。