2007年12月14日

wooderd chiarie & ano-Hi & folt presents "TRIANGLE" 東名阪 3band tour Tokyo days@下北沢ERA

he(Guest)/folt(from 名古屋)/ano-Hi(from 大阪)/wooderd chiarie


heには間に合わず、foltから。
foltはぜんぜん違うイメージを勝手に想像してました。
今日は聴かせるボーカルさんが集まったという感じ。

ano-Hiも初めて。でも今日が東京最後のライブということ。
ベースの女の子が「東京のライブではいつもお客さんとの距離を感じてた。東京の人はシャイなのかな」って言っていたのが心に残ってます。


ano-Hiが最後のライブということがあってか、今日のゆたちんのMCは熱かった。なにかあふれる想いを一所懸命伝えようというようなMCでした。

01. みなおどる
02. アイのストーリー
03. blue
04. access for rewriting
05. 幽霊たち
03. 心象風景画
en. throb in theory

新曲の「blue」はいつもはオカベさんのカウントからだけど、今日はオワセさんのギターから。
「幽霊たち」のイントロのギターがいつもとちょっと違っていて、これでもかってくらいふわんふわんしたました。
そして、最後の「心象風景画」は圧巻でした。久々にクボテラさんの帽子が飛んでたし、オワセさんはギターをガーっとかき鳴らしながらじりじりとドラムの方ににじり寄って、ドラムのマイクを倒しそうになって…凄かった。間違いなく私がこれまで観た中でいちばん熱くて激しい「心象風景画」でした。
posted by sugimaru at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '07
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/72887127

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。