2007年09月24日

924 presents Syrup16g "UP TO THE WORLD" FINAL@SHIBUYA-AX

THE NOVEMBERS/serial TV drama/syrup16g

はじめの2組は名前は聞いたことあるけど、まったく聴いたことのないバンド。
たぶんどちらもAXは初めてなんだろうけど、どんな気持ちなんだろう。ステージに立つ側の人の気持ちは想像しようもないけど、でも彼らのことが好きでずっと応援してきたファンの気持ちはすごくよくわかる。そこに自分を重ね合わせて、それだけでなんだか私の方がドキドキしてる。

THE NOVEMBERSは見るからにバンドやってます、というスタイルの人たち。若いんだろうな。なんかすごくとんがってた。そのとんがり具合が少々空回りしてたようにも見えてしまった。

serial TV dramaはたぶんいつもこういうライブをしているんじゃないかなって思わせるような、もうちょっと地に足がついた感じ。

それにしてもNOVEMBERSは短かった。4曲で30分もやってなかったのでは? あれだけ短い時間で表現しなきゃいけないってすごく難しいんじゃないかな。


シロップのライブはここ1年くらいの中ではいちばんよかった。
ライブでははじめて聴く曲もあったので。

4曲目にMouth to Mouseがきたのにはびっくりした。たぶんあそこにいた大多数の人は次のイマジンに反応したと思うけど、私はマウスで思わず身を乗り出した。
シロップで好きな曲は?と言われてもたくさんありすぎて選ぶのに困るのだけど、超個人的に思い入れのある曲ベスト3と言われたら、マウスは第2位にあげるほど大好きな曲。でもCDの方がよかった(笑)
この曲のけだるく、すべてを諦めきったような、どうしようもなく救いようのない感じがライブではあまり出てなくて… でもライブで聴けて嬉しかった。

ライブは前半は落ち着いた感じで後半一気にはじける曲がきたのもメリハリがきいてて良かったと思う。本編10曲くらいなのもすっきりしてて、アンコールなくてもいいかなって思ったくらい。

でもアンコールでscene throughをやったのにも驚いた。2年前の新曲(この言い方もいいかげんどうかと思うけど)はもう二度と聴けないのかと思っていたから。あの頃の新曲ではイマジネーションが好きだったんだけど、あの曲もいつかは聴けるかな?


で、恒例の次回ライブのお知らせは張り紙ではなくフライヤーで。
でもな〜、できればステージで直接言ってほしかった。日程も会場も決定してるのなら本人の口から発表してもいいのに。
そういうこと一切言わないから、どうもシロップが主体的に活動しているという印象がないのよね。それがどうにもこうにもモヤモヤとするいちばんの原因のような…
posted by sugimaru at 23:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | ライブ '07
この記事へのコメント
おつかれさまでした〜(って、遅くなりました・・笑)
やっぱりあれは良いライブだったのよね。今までに行ったライブとは違ってたもの・・今までのも好きだけどね。

次はどこで会えるかな?私の全然知らないライブも今度教えてね〜笑
Posted by ショウ at 2007年09月30日 22:22
こちらこそお会いできて嬉しかったです。

音楽って、いや音楽に限らず映画や芝居や小説でもそうだけど、絶対的な評価なんて意味がないと私は思います。その日の体調や感情やもっと言えば経験や思い入れなどなど、いろいろなものが入り乱れて、その人にとって好きか嫌いか、人それぞれ相対的な評価があるからこそ、いろんな表現が生まれて受け入れらるんじゃないのかな。

次はやっぱり12月の渋谷辺りで…。ホントに“なにこれ?”っていうようなライブ教えちゃうから(笑)
Posted by sugimaru at 2007年10月01日 21:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89196966

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。