2007年06月29日

warp & student a presents [ぼくのぶん] @吉祥寺WARP

OVUM/bronbaba/wooderd chiarie/the guitar plus me/student a



wooderd chiarie
01. throb in theory
02. 1×4×9
03. 心象風景画
04. マジックアワー
05. 幽霊たち


posted by sugimaru at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年06月28日

UN-CONTROL 27@新宿MARZ

LITE/calx/wooderd chiarie/tron/burrrn



wooderd chiarie
01. みなおどる
02. アイのストーリー
03. フォークロア
04. マジックアワー
05. 幽霊たち


posted by sugimaru at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年06月23日

WARP presents「音人の休日」@吉祥寺WARP

野愛の輪/for less to lake/euphoria/onsa
posted by sugimaru at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年06月22日

deepsea drive machine presents「交差にて#4」@新宿MARZ

Hiza:ki/UNCHAIN/buddhistson/deepsea drive machine


9ヶ月ぶりのdeepsea。
久々なので感激もひとしおですが、でもそれだけじゃなく確実にパワーアップしてる!
レザー光線がひゅんひゅん飛びまくりで、やりすぎじゃないってくらいでも、それがまたdeepseaに合ってました。

西さんはアップライトではなく普通のベース。ちょっと前にCSで放送されたデビロックの時も普通のベースだったので、もうアップライトではなくなったのかな?って思っていたら、宇野さんが「最近、西くんはもうアップライトやらないんですかって聞かれるので、今日はやるみたいですよ」と、アップライトベースで2曲。

新しいドラムさんは22歳。大阪で一緒にやってそのまま連れてきちゃったとか。
まだ会って1ヶ月くらいの気心の知れない仲らしいです。

アンコールも入れて10曲ほど。やっぱりdeepseaはこのくらいボリュームがないとね。短いとかえって不完全燃焼になっちゃう。

次のライブは7/14のMARZでLITEやオウガと。deepseaはO.A.です。
その後は7/17の千葉LOOK。sleepy.abと一緒。
西さんは「自ら千葉LOOKのブッキングの人に電話してsleepy.abを押さえてもらった」というほどsleepy.ab大好きって言ってました。
posted by sugimaru at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(1) | ライブ '07

2007年06月16日

RECO.presents tour final『ランプ . 2』 @新宿MARZ

OVUM/bronbaba/sleepy.ab/PaperBagLunchbox/RECO.


2,000円で5バンド観れてポップコーン付き!
私はチェダーチーズをいただきました。お腹空いてたからおいしかった。
つまみがあるとビールもおいしい。って、そんな感想かよっ!



OVUMのCDも買えたし、来週のdeepsea企画のチケットも買えたし、こんな写真も撮れたし…

アルモニ・カフカ/wooderd chiarie
MARZのトイレにて
posted by sugimaru at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年06月15日

about tess/sleepy.ab ツーマン!@新宿Motion

sleepy.ab/about tess

ツーマンということで今日はどちらもたっぷり聴けると楽しみしてに行ったら、お楽しみはそれだけではなかった。


sleepy.abは各アルバムから2曲づつ、それも時系列に並んでいるというありそうでなかったセットリスト。
気心のしれたabout tessとのツーマンだったせいかMCもリラックスムード。田中くんが噛むと嬉しそうに「今、噛んだでしょ」って突っ込む成山くん。

 PAIN
 Anomarokaris
 夢の花
 Spinal Code
 四季ウタカタ
 メロディ
 soner
 賛歌
 24
 

about tessはいつもは最初から攻めて来る感じだけど、今日は徐々に高まってくるようなそんなステージだった。一度も音が途切れることなく最後まで突っ走るのはいつもどおり。

で、お楽しみはここからで、アンコールではabout tessがsleepy.abの「ホログラム」をカバー。
そのあと田中くんと山内くんが加わってのセッション。観ているほうも相当楽しかったけど、やっている本人たちは本当に楽しそう。



噂のsleeper mini売ってました。小ちゃっ!! 
ミニミニスリーパーって感じ。
posted by sugimaru at 23:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年06月07日

eksperimentoj presents EKSPO 003 eksperimentoj×MONO@渋谷O-Nest

MONO/eksperimentoj

開演ぎりぎりに着いたらNestはすごい人。たぶん私がこれまで行ったなかでは一番の混み具合。先週は人が少なくてあまりの寒さに震えていたので防寒対策をしっかりしていったら、暑いのなんのって。

MONO
静かでおだやかなギターの音、波のうねりが高まるように徐々に高揚して、そしてある地点で一気に爆発するかのような轟音へ。何も知らずに観たけれど、曲もライブもバンドのもつ雰囲気もすごく好き。ゲストだからアンコールがないのはしかたないけど、でももっと聴いていたかった。

MONOが終って、今日はもうこれで帰ってもいいって思ったほど。でも今日の目的はこのあとのeksperimentoj
MONOが目当ての人も多かったのか、転換中「次のバンド知らないんだよね」「なんて読むのかもわからない」なんて声も。「エクスペリメントイって読むんですよ」なんてことはもちろん言わなかったけど、確かに読めない。私も最初は読めませんでした。
この前のCLOSERのイベントですごく印象に残ったバンド。なんだか不穏な空気が漂っていて、その雰囲気がすごく好き。ボーカルの声にちょっと色気があってそれがまた妖しげで。

どちらのバンドも雰囲気があっていい組み合わせだった。



帰ってからMONOのサイトを見て、今日のNestの人の多さの理由がわかった。
MONOは海外での活動が中心で日本でのライブがあまりないらしい。東京でのライブもこれが今年初めてとのこと。そりゃ行くよね。私も次にライブがあったらきっと行く思う。
posted by sugimaru at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年06月03日

highline records 10th anniversary syrup16g one man concert at HIBIYA YAGAIONGAKUDO "DEAD CAN DANCE"@日比谷野外大音楽堂

syrup16g

野音はやっぱり特別な場所なのかな。
セットリストは前回の名古屋とそれほど変わらず新鮮味はなかったけど、今日の方がよかった。

開演から1時間半、本編はすべて自然光のまま。明るく風が吹き抜けるなかでのライブ。最近のシロップのライブはちょっと息苦しく感じていたので、その開放感がとても気持ちいい。

本編が終るころには完全に日が落ちて、アンコールで初めて照明が使われた。
時折ステージ両側の木々がライトで照らされて、その緑とステージの赤というコントラストがきれい。
最後の「Reborn」でも両脇の緑がライトに浮かび上がる。天井がないって気持ちいい。空に抜けて行く感じが。

なんか照明の話ばかりでごめんなさい。ライブの話にはほとんど触れてないぞ(笑)
印象に残っているのは「正常」。キタダさんのベースがかっこよくて。
そういえばベース、いつもと違ってた。深い緑色のベース。



終って出口に向かうところで恒例の張り紙。

「924 = syrup16g presents “UP TO THE WORLD” FINAL」

またチケット取るの一苦労なんでしょうか。
posted by sugimaru at 22:57 | Comment(8) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年05月31日

SAITOCNOparty vol.5 みえるうた@渋谷O-Nest

サラバンド/アンデルセンズ/Asuna/齋藤紘良ミラージュ楽団/トクマルシューゴ

いつも行くライブとはちょっと趣きが違ったかんじでした。見たことないような楽器がいろいろ出てきて。

トクマルシューゴさんの弾き語り、よかった。
posted by sugimaru at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年05月19日

euphoria“white pattern”release tour@下北沢CLUB Que

百景/euphoria

百景
3ピースのインスト。とってもさわやか印象。最近インストづいてる私はけっこう好きです、こういうの。
メンバーの歳はわからないけど、20代なかばくらいかな? 曲と同様にとてもさわやか。
ドラムのタナカさん(お客さんから“タナカさ〜ん”って声がかかっていたので、たぶんタナカさん)は、MCでさかんに「大丈夫ですか? 楽しんでますか?」って言ってました。「僕は司会者じゃないんで」とも言っていたけど、すくっと立ち上がってハンドマイクで喋る姿はちょっと司会者ぽかったです。好青年ってかんじでした。


euphoria
ステージ向かって右にドラム、真ん中にベース、左にボーカル・ギターと、前に観たライブとは配置が違ってました。

ライブのスタートではサトウくんとモリカワくんも座って、モリカワくんはアコギで「white pattern」。このアコースティック「white pattern」がすごくよかった。静かに始まって静かに終る、まさにライブの序章という感じ。

唄のある曲とインストと交互に全部で10曲くらい。そして最後は再び「white pattern」。「white pattern」で始まって「white pattern」で終るという、この構成がほんとに素敵でした。

これはもうぜひワンマンが観たい、と思っていたら最後に発表が……9/8にQUEで初ワンマン! 今日のライブを観ちゃったらもうこれは行かずにはいらない!

思い出すたびに心が満たされるような素晴らしいライブでした。
posted by sugimaru at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年05月18日

ESKJU DIVINE JAPAN TOUR 2007@渋谷O-Nest

opening act:sleepy.ab/ESKJU DIVINE

ESKJU DIVINE
相変わらずよく知らないまま来てしまったけど、かえってそれがよかったかも。
sleepy.abが終ってあとは後ろの方でゆったり聴いていようと思ってけど、始まったとたん引き込まれました。広がりのあるとてもきれいな音。こういう素敵な音にライブで出逢えるというのは本当に幸せ。
ボーカルさん、薄い唇にきれいな歯並びで、大きく口を開けて歌うときのその口元のラインがとてもきれいでちょっと見とれてしまいました。



オープニングアクトはsleepy.ab
この日は「palette」の曲中心で最後は「Scene」というちょっと久しぶりなセットリスト。

MCで、うまくMCができるようなアドバイスをアンケートに書いてくれれば、なんて言っていたので、転換中に的確なアドバイスを3つほど思いついたものの、流暢にMCをこなすsleepy.abなんてあまり見たくない、ということで却下しました。

01. なんとなく
02. mass gymnastic display
03. 四季ウタカタ
04. メロディ
05. 遊泳スローモーション
06. メリーゴーランド
07. Scene
posted by sugimaru at 23:39 | Comment(4) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年05月04日

MUSIC DAY in SHIMOKITAZAWA〜251presents〜LIVE!BABY!LIVE! @下北沢 CLUB251

SUPER BEAVER/Dizzy up the girls/Response/sleepy.ab/UTARI

ライブでは初めての「sonar」
田中くんのコーラスがきれい。
posted by sugimaru at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年05月03日

ERA 5th Anniversary Wonderground Music presents“ART OF FIGHTING Japan Tour 2007”@下北沢ERA

wooderd chiarie/sgt./ART OF FIGHTING

ART OF FIGHTINGは予想以上に素晴らしいライブだった。
きれいな音に、伸びやかで優しい歌声。

CDで聴いている時は、ボーカルさんの写真を見て「なんかもっさりした人だな、この人が本当にこんな声してるのかしら」なんて思っていたけど、まぎれもなく彼の声だった。

ライブハウスの照明ではなく、大きな窓から自然光が差し込むような場所で聴けたら気持ちよさそう。

それにしても、さすがオーストラリア人。背が高い。ドラムの人は2m近くあるのでは?
側を通ったとき腰の位置が私の胸くらい…思わず見上げちゃった。





オープニングアクトはwooderd chiarieとsgt.

wooderd chiarieはこの前のCLOSERの時とほとんど同じセットリスト。
この曲の並びだとちょっと後半が単調な気がする。

01. throb in theory
02. 新曲
03. アイのストーリー
04. 存在のエピタフ
05. 幽霊たち

告知から
・2nd Mini Albumのタイトルは「アルモニ カフカ」
・7/15にMARZでリリースパーティー。ゲストはonsaとsleepy.ab
・9/1にERAでツアーファイナル。こちらのゲストはシェフとアベンジャー


sgt.はいつも思うけど、演奏は熱いのに漂う雰囲気はすごくクール。
激しいのにどこか凛とした感じがする。
posted by sugimaru at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年04月29日

CLOSER VOL.1@新宿MARZ+Motion

MARZ:all O.K/tickles/oaqk/FORT WAYNE/eksperimentoj/OVUM
Motion:wooderd chiarie/タラチネ/Yucca/aus/cryv


ゴールデンウィークの一日、とってもステキなイベントに行ってきました。

「CLOSER」というのは、音源を無料配布することで、インディーズで活動するバンドをより多くの人に知ってもらおうという主旨のもと、oaqk、FORT WAYNE、OVUM、Yucca、cryvの5バンドが立ち上げたプロジェクトです。

この日はその第1回のイベント。
普段あまりライブに行かない人にもこれをきっかけにライブハウスに足を運んでもらおうという目的もあるみたいです。

そんな思いが伝わってくるようなとてもいいイベントでした。
お客さんもその思いに応えるかのように、とにかくMARZもMotionも始めから終わりまでどのライブもお客さんがいっぱいで、最後の方のMotionなんて人が多すぎてステージがまったく見えなかったくらい。

私もこの日は「全バンド観てやる〜」と意気込んでMARZに乗り込みました。
MARZとMotion(もしくはmarble)往来自由のイベントはこれまでにも何度か行ったことがあるけど、いつも3〜4バンドあたりで力尽きて「もう動きたくな〜い」となるところが、この日はがんばった! 1バンドだけ観られなかったものの、あとの10バンドは全制覇。どのライブも本当に良かった。
とくに印象に残ったのがausとeksierimentoj。両バンドともすでにそこここでかなり話題になっているらしいので、ライブ行かないと… CD買わないと…。


この日はいつものように独りでライブのはずだったのですが、Motionの前でシナさんにばったり。
向こうも驚いていて、でもそれが「そんなに驚かなくても」というほど驚かれて、それにまた驚いたりして… 合間、合間にいろいろとお話できて楽しかったです。






wooderd chiarie@Motion

01. throb in theory
02. 新曲
03. 存在のエピタフ
04. 幽霊たち
05. みな踊る

2曲目は先月ERAでもやった疾走感溢れる曲。でもあの時とは後半がかなり変わっていて、なんだかとってもかっこいいことになっていた。この曲もアルバムに入るのかしら?

wooderd chiarieのアルバムは7/4発売です。
ずっとライブで聴いていた曲をCDで聴けるかと思うと、もう楽しみで、楽しみで、楽しみで…しつこい?

でもOVUMのチバさんも言ってました、マストバイ!って。
マストバイ! ますとばい! Must buy! 私は3回言ってみました(笑) 

それでは。
posted by sugimaru at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年04月20日

Syrup16g TOUR@名古屋CLUB QUATTRO

前の日から体調悪くて、痛み止め飲みながらの名古屋入り。
正直言うとライブのことはあまり覚えてません。
2曲目の「生活」で「あ〜シロップだぁ」って思ったのと、「正常」と「Sonic Disorder」がよかったなってことくらいでしょうか。
五十嵐さんはほとんど喋りませんでした。 「リアル」の前に何か言ってたけど、ほとんど聞き取れず。


名古屋に来る時はお腹から胃にかけて痛かったのに、帰る時になったら痛みがアバラから鎖骨に広がっていて、身体の前面が全体的に痛い。いったいどこが悪いとこんな風な痛みになるんだろう?

最近シロップのライブはライブを楽しむというより、とにかくその場にいなきゃという気持ちで行っているような気がして、なんか違うんじゃないかと思いはじめてる…
それでもやっぱりがんばってチケット取っちゃうんだけど、ね。
posted by sugimaru at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年04月03日

INVATION OF HELL page1@新宿ACB

my beautiful ending/wooderd chiarie/Low relief(from三重)/540°(from姫路)/NAP


こんな陽気のせいか昨日あたりから腰が痛くて、最後の方は立ってるのも辛かった。
最後のバンドはちらっとだけ観て帰ろうと思って、入口付近でモニターを見ていたんだけど、思いのほか楽しくて結局最後まで観てしまった。


でも体調がよくないとやっぱり楽しめない。
2時間立ってられないっていうのはもう根本的な問題だ。
まあ、歳を考えろってことなのかも。
ちょっとは考えた方がいいのかも。




とりあえずwooderd chiarieのセットリストだけ
01. みな踊る
02. throb in theory
03. 存在のエピタフ
04. 心象風景画
05. マジックアワー
posted by sugimaru at 23:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年03月31日

江古田flying teapot 10th anniversaly“ANDERSENS One Man”@江古田flying teapot

開演の10分前に着いたにもかかわらず、お客さん一人もいなくて一瞬固まった。
まあ長い人生こんなこともあるよね、と腹を括って店内へ。

フライングティーポットはごく普通の喫茶店。
入って右手にバンドセットが組んであって、左には長いカウンター。
大きなテーブルが2つとその周りに椅子が並べてる。
ドリンクを受け取って空いている椅子へ、といっても全部空いているんだけど。

その後ぽつぽつとお客さんは入ってきたものの…
開演時間になってメンバーが(喫茶店なので楽屋などないため普通に入口から)入って来た。
この時点でお客さん5人。そしてこの日はメンバーも5人。
5対5、これはある意味1対1だなとバカなことを考えたりして。

休憩はさんで前半後半の2部構成。
休憩中も「しばしご歓談を」と言いつつ小野崎さんはアコギに持ち替えて
知り合いの方が結婚されてご夫婦でいらっしゃっていたらしく、お祝いにと何曲か弾き語り。

たっぷり2時間、20曲以上。オリジナルの他にカバーも何曲か。
ゆっくり座ってビール飲みながらアンデルセンズ聴けてすごく満足。
お客さんは10人ちょっとと寂しかったけど。
せっかくのワンマンなんだから、もっとみんな来ればよかったのに。

たしかに好き嫌いがはっきり分かれそうな気もするけど。
私自身なんで好きなのかよくわからないまま、かなりはまりつつある。
次の日も日がな一日アンデルセンズのこと考えてたもの。

今度はぜひ野外で観てみたい。
森の中とか大きな池の畔とか、っていったいどこ? そんなとこ行けないくせに…

で、その際には小野崎さんにはぜひスナフキンみたいな帽子をかぶってほしい。
あと毛糸のモチーフつなぎのロングベストとか。絶対似合うと思う。
posted by sugimaru at 23:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年03月23日

tour“fantasia”@新宿MARZ

sleepy.ab/VJ:小嶋貴之

フロアの照明が落ちて「ユキムシ」が流れる中、スクリーンにfantasiaのジャケットをはじめ、赤いバックに佇んでいる少年や魚の体内に横たわる人など、イイダキリコさんの幻想的な絵が次々と映し出される。イイダさんの絵とsleepy.abの音楽はまさに相思相愛。
そのオープニングで会場の空気がすうっとsleepy.abの空気に変わる。

1曲目は「なんとなく」。途中成山くんがとても柔らかい表情をしていたのが印象的だった。


まあ、ここから先まったくセットリストは覚えてなくて…っていきなり2曲目からかよって。
あ、2曲目は「ループ」でした。いくらなんでもそのくらい…
でも今日は曲順覚える気など始めっからさらさらなし。

「fantasia」と「palete」からの曲を中心に、1stと2ndからは「inside」「夢の花」「spinal code」
最後の方で「spinal code」をやったとき、久々だったせいか一瞬タイトルがわからなかった。いや、一瞬というより最後まで出てこない。
「Hush? 違う、あっ脊髄だよ、ほら脊髄、脊髄…なんて言うんだっけ」なんだよその覚え方! って心の中でひとり突っ込み。

途中、田中くんと成山くんも座って何曲か演奏。
ここでマトリョミンが登場、のはずがなかなか音が出ない。
山内くんが何度も後ろのコードをつけたり外したりするもののうんともすんともいわないマトリョミン。ここ、ちょっと流れが途切れてもったいなかったけど、でも誰も急かすことなく静かにマトリョミン待ち。ようやく音が出た時にはがほっとした。

「メロディ」「メリーゴラーンド」と続いて本編終了。

鳴り止まない拍手に応えて再び登場。
「すぐ出ていきたくてそこで待ってた。あっ(拍手の)リズム変わった、とか」ってぜんぜん持ったいつけないところがsleepy.abらしい。(笑)

アンコール1曲目は「PAIN」
この曲はsleepy.abで最初にできた曲。
「バンド結成してから3年くらいライブやらなかった。1曲しかないからライブできないんです。この曲ばかりずっと練習してたね。だから山内はギターソロ間違えないんです」と成山くん。
そういう割に、成山くんはこの曲で何度か歌詞とんでた覚えが…と心の中でちょっと突っ込んでみた。

続いて「Scene」
最後で山内くんが立ち上がりましたね。もう視覚的にも最高に盛り上がる瞬間。

今日の山内くんは枯葉模様のシャツに茶のズボンと秋の装い。春なのに(笑)
靴下は私のところからは確認できず。

2回目のアンコールで「24」
最後のカウントの高揚感といったら、もう。



チケット完売だったらしく、お客さんもいっぱい。
でもそんなにぎゅうぎゅうでもなくゆったりと聴き入ることができた。

終った後、会場全体に満足感が漂っている気がした。










いつもひとりでライブが基本の私ですが、今日はいろいろな人とお会いすることができました。

テンション高めの飲み会、楽しかったです。みなさんありがとう。


そしてヨーコさん、nenemのCD-Rありがとう、かっこいいよ〜!
posted by sugimaru at 23:59 | Comment(18) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年03月21日

sleepy.ab@アップルストア渋谷

sleepy.abアコースティック・セット/VJ:小嶋貴之

01. inside
02. 写真
03. パレット
04. 賛歌
05. メロディ

7時すぎくらいにアップルストアに着いたらちょうどリハーサルをやっていた。
まだお客さんはそんなに多くなかったけど、みんなが徐々に前の方に寄って行ったので、それに紛れて私もかなり前へ。
リハーサルでちょっとだけ「自由の果て」を聴けたので得した気分。
始まる直前に後ろを振り向いたら入口のところまで人がいっぱいでびっくり。

5曲とはいえ、たっぷりsleepy.abを堪能した。
続きは金曜日のワンマンで。

今日はドリさんとシナさんとドリさんのお友だちとご一緒させていただいて、とても楽しかったです。
若いお嬢さんに混じって私が一番はしゃいでいたかも。例によって喋りまくりでした。
みなさんありがとう。
posted by sugimaru at 23:51 | Comment(9) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年03月19日

**after little crying...**@下北沢ERA

audio33/カゼノセカイ/サカナクション/wooderd chiarie

なかなか会社を出られずに、ERAに着いたのが7時40分。
wooderd chirieは最後とわかっていたので安心していたけど、でも今日はサカナクションも観かったので気が気じゃなかった。
サカナクションの順番は知らなかったけど、なんとなく3番目のような気がしてたら、大当たり。

開場に入るとカゼノセカイがちょうど終るところ。
ちらっとしか観られなかったけど、Vo.の人がなんか中原中也ぽかった。


サカナクション

01. インナーワールド
02. 三日月サンセット
03. あめふら
04. GO TO THE FUTURE
05. 白波トップウォーター

前に見たのは去年の7月。あのときより格段にかっこよくなってた。
1曲目から三日月サンセットに入る流れもすごくよかった。

MCではあいかわらずあっちこっち掻いてました(笑)
東京に来て花粉症になったとか。でも「花粉症ってなんか都会病ぽくてなんかちょっと嬉しい」って。
山口くんて眼光鋭くて一見すると取っ付きにくそうなところがあるけど、最後のMCが終った時安心したのか下向いてニカ〜って笑ったのが印象的。かわいかった。

ところで今日サカナクションの時にカメラが入っていた。前に3台、後ろに2台。あの狭いERAにカメラが5台も。DVDでも出すんですか? それともライブVer.のPVとか?

そいえば、今ここで三日月サンセットのライブ映像が見られるんですね。



wooderd chiarie

01. アイのストーリー
02. 新曲
03. 存在のエピタフ
04. 幽霊たち
05. throb in theory
06. マジックアワー

なんかお客さんのテンションがやたらと高かった。タケちゃんコールとか…(笑)
知り合いが多かったのかリラックスしたムード、たまにはこういうのもいいけど。
でも私はwooderd chiarieのライブは暗闇の中しーんとしたあの緊張感が好きなので、できればこういうのはたまにでお願いしたいです。

2曲目はアップテンポでこれまでのwooderd chiarieにはなかった感じの曲でとても新鮮。
存在のエピタフではワンコーラスの後のギターがこれまでとはちょっと違ってた。

アルバムは7/4に出るそうです。リリースツアーもやるということで楽しみ。
そして5/3にはERAでART OF FIGHTINGのオープニングアクトもあるとのこと。

ART OF FIGHTINGのジャパンツアーは5/2がnest、5/3がERA。
この情報を見たときどちらか行こうとは思ってたけど、もしかしたらERAにはwooderd chirieが出るかもと思っていただけに嬉しかった。もう5/3は決定。

終って帰ろうとしたら、なんだか後ろの方に外人さんの一団が…。
あの人たちは何だったんだろう。wooderd chirie聴きにきたの?
posted by sugimaru at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年03月07日

Auxin presents "Hope of a four-leaf clover"@新宿MARZ

avengers in sci-fi/clean of core/sgt./euphoria/Auxin


最高だった、今日のライブ。
5組とも全部よかったというすばらしいライブ。

なかでも……どうしよう、どうしよう、どうしてくれようeuphoria。

(つづく)





つづきました...
posted by sugimaru at 23:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年02月27日

人間モドキコンサート (Vol.いくつか忘れた) ついに実現!夢のVSライブ!大槻ケンヂと名前は何でもいい (解散ライブ) COALTAR OF THE DEEPERS (セッションもありそうだ!?)@新宿LOFT

COALTAR OF THE DEEPERS/大槻ケンヂと名前は何でもいい



もう自分で自分がわからなくなってきた。
なんでこのチケット取ったかなぁ。
出演バンドの詳細については一切知らない。
もしかして私は自分で思っている以上に大槻ケンヂが好きなのか?

でも、せっかくチケットあるしと思って行ってみたら、まあ楽しいこと楽しいこと。

「大槻ケンヂと名前は何でもいい」
ライブ2回目にして、惜しくも今日が解散ライブ。

これってバンド名なの?ってくらいだから、もちろん曲なんか全然知らない。
でも知ってる曲も結構あった。

バンドのコンセプトが「平成のバービーボーイズ」らしい。
で、バービーボーイズの「負けるもんか」

「バンドをやって四半世紀。こんなのやっていいんでしょうか」と長い前ふりがあって
「マイウェイ(布施明Ver.)」

「怒られると思ったけど、意外とみんな合唱してるんだよ」って。

ここで今日のライブのコンセプトが明かされる。
『意外と練習してきた結婚式の二次会バンド』

「なんてったてアイドル」の時、後ろで嬉しそうに踊っているオーケンはかわいかった。

もちろんこんな曲ばかりじゃなくて、オリジナル(?)曲も。

最後は「オンリーユー」


アンコールでは、解散ライブということで別れの曲。
でもその後「業務連絡です。8月に再結成します」って(笑)


大槻ケンヂ、41歳。
ぜんぜん見えないけど、でも唄いながら時折ニコニコしながら客席見ている姿は好々爺って感じ。
この人きっとすてきなおじいさんになるだろうな。

やっぱり私は思いのほか大槻ケンヂが好きだったんだ。
posted by sugimaru at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年02月22日

マヒルノ企画“辺境のサーカス パート2”@渋谷O-nest

LEVELLOAD/GeGeGeGe Quartet/SHIFT/andersens/bahAMaba/マヒルノ
posted by sugimaru at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年02月16日

Joy Ride vol.13 -Joy Ride 1st Anniversary-@渋谷Club Kinoto(乙)

OVUM/Campanella Complex/Musu Bore/Burst Head Lollipop Honey/noveil/willie organ/DJヨシカワタケシ(incom)/VJ STEP(Base of Operation)
posted by sugimaru at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年02月02日

tobaccojuice 2007 恋に気付けない若い犬“Happy Birtday!”ツアー@新宿LOFT

tobaccojuice


オバT買った。

070202_tobaccojuice_obat.jpg

松本くんほどこの世でオバTの似合う人はいないと思った。



「この曲をロフトでやるといつもすごくいい気持ちになる。この街に捧げます」と言って唄ったガーベラがとてもステキだった。



posted by sugimaru at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年01月28日

251 presents〜NIGHTSWIMMING vol.9.5@下北沢club 251

used knowledge/sleepy.ab/alcana


最初からお客さんいっぱいでした。

sleepy.abは頭から新しいアルバムの曲を続けて5曲。
気分はすっかりfantasia。
最後2曲が遊泳とメロディ。

MARZとnestでは「メリーゴーランド」が好きだったけど、今日は「なんとなく」が一番好き。
3曲目は確かMARZでもやったような。ということはMARZのセットリスト間違えていたかも。
2曲目と3曲目ではずっと重なってる津波くんのコーラスがとてもいい。

成山くんは大阪でたこ焼き食べて2kg増とか。ダイエットしてツアーに臨むそうです。
「ワンマン来てください。いやほんとに来てくださいね。さくらでもいいんで連れてきてください」って。


dollyさんに大阪のお土産もらいました。
ヨーコさんとも会えたし。

次は3月のワンマン。
なんだかみんながMARZに集結しそうで楽しみです。




以下、余談ですが...
posted by sugimaru at 23:27 | Comment(10) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年01月25日

トラストマーズ01〜space tryal vol.9〜@新宿MARZ

心海/トレモトイド/wooderd chiarie/cork/miaou

心海とwooderd chiarie以外ははじめてのバンド。
お客さん少なかったけど、とてもいいイベントでした。

今日のDJはmothercoatのとっきー。
合間にトークというか各バンドの紹介とかもあって、その都度「金銭トラブルで活動休止中のマザーコートです」とか「著作権侵害問題で活動休止中のマザーコートです」とか、さらっとおもしろいこと言ってました。

corkはバンドなんだけど、今日はひとりでギターとキーボードの弾き語り。良かった。バンドだとどんな感じなんだろう。

miaouはずっと観たかったインストバンド。こちらも評判通りとてもかっこいいです。


wooderd chiarie
01. アイのストーリー
02. 存在のエピタフ
03. 幽霊たち
04. ?(はじめて聴く曲)
05. マジックアワー

2007年初チアリ。なんか新たな展開が…

4曲目で聞き覚えのないイントロ。初めて聴く曲。「フォークロア」や「心象風景画」に近い雰囲気かな。例によって歌詞がなかな聞き取れなかったけど、「日だまりが〜」みたいな?

今日のMCはクボテラくん。その時はじめてクボテラくんの前にマイクがあることに気がついた。
wooderd chiarieとは思えないほど(笑)そつのない喋り。いつも彼がMCすればよかったんじゃないの?
でもウエムラくんのなんともいえない間と、オワセくんの立て板に水のような物販の紹介も捨てがたいけど…

で、そのMC。
・ライブの前にinterFMの収録があって、今日の出演バンド全部出るらしい(詳細不明)
・今レコーディング中で、ついに5月末にアルバムが発売されるらしい
・今週の日曜に六本木バロンというところででライブがあるらしい(詳細不明)

あと、今日はwooderd chiarieとは思えないほど(笑)照明が明るかった。たぶんこれまで見た中で一番明るかったんじゃない。いつもの逆光はほとんどなくて、はじめてウエムラくんの顔がはっきりと見えた。


てか、今週の日曜って……sleepy.ab。えぇーーー。
posted by sugimaru at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年01月22日

surround the world@渋谷O-nest

ペンタゴン/Organix/eksperimentoj/pygmy with bitter ends /sleepy.ab

sleepy.ab
01. なんとなく
02. 新曲
03. メリーゴーランド
04. 遊泳スローモーション
05. メロディ
EN. PAIN

アンコールで田中くんが「みんな何が聴きたいんだろう」との問いに「四季ウタカタ」「夢の花」って声があがるものの、成山くんが「でもできないんですけどね」「昨日山内くんが機材をなくしてできない曲が多々あります」って?
私も「Scene」って叫びたかったけど、でも久しぶりに聴いた「PAIN」よかった。

posted by sugimaru at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '07

2007年01月21日

CRJ-tokyo 20th Anniversary Party!!!"SOUND SURFIN' vol.20"@新宿MARZ/marble

marble:sleepy.ab(アコースティック)/GREEN MILK FROM THE PLANET ORANGE/DODDODO/sgt./MONGHANG
MARZ:花のように/euphoria/miniature tripplanet/avengers in sci-fi/group_inou/sleepy.ab


sleepy.ab(アコースティック)(marble)
 01. white
 02. palette
 03. メロディ
  ↓
花のように(MARZ)
  ↓
GREEN MILK FROM THE PLANET ORANG(marble)
  ↓
euphoria(MARZ)
 この人たちけっこう好き。清涼感のあるきれいなメロディ。
 静かに始まったかと思うと、どんどん盛り上がっていて
 最後はガーっとかき鳴らして。
 途中ふっとボーカルさんが見えなくなったのは
 たぶん床に倒れてギターかきむしっていた?
 そんなに激しいのにMCでは別人格。声震えていたもの。
  ↓
miniature tripplanet(MARZ)
 年末にERAで初めて観たバンド。
 その時も思ったけど、イメージは春。それも早春。
 お花畑で蝶々やミツバチが飛んでいて
 それを画用紙に色鉛筆でスケッチしている、みたいな…
 (ぜんぜん音楽を表現してません。すみません)
  ↓
avengers in sci-fi(MARZ)
 01. avenger strikes back
 02. asteroid girl
 03. 電影少年
 04. ?
 05. speed of love
 06. NAYUTANIZED
 (順番ちがうかも、曲も違うかも)
  ↓
MONGHANG(marble)
 全員オレンジ色の法衣みたいのを着てる。
 作務衣もあれば、インドの修行僧みたいな人も。
 ボーカルさんは頭にインディアンみたいな羽飾り。
 でも羽じゃなくて草みたいだった。
 スチールドラムが入っていて、けっこう踊れる感じ。
 でも、なんかみんなお坊さんみたい。
 5人中3人は坊主。内1人は後ろに一本長い三つ編み。
 ボーカルさんは「パパピブペポ」とか唄ってるし。
 sleepy.abからMONGHANGまで、このイベントの振り幅の大きさを思い知った。
  ↓
group_inou(MARZ)
 思い描いていたイメージとあまりに違っていてちょっとびっくり。ラップ?
 ボーカルの人、やる気なさそうな所長さんみたい。
 途中、ステージから飛び降りたら「足が痛いんだよ、今井くん」て…
 あと、最近親孝行がブームらしい。 
  ↓
sleepy.ab(MARZ)
 01. 四季ウタカタ
 02. 新曲
 03. 賛歌
 04. 遊泳スローモーション
 05. メリーゴーランド
 06. メロディ
 EN. なんとなく
 (これもあってる?自信ない)
 新曲「メリーゴーランド」がすごくよかった。
 ステージが暗くなって、山内くんにライトが当たったと思ったら
 いきなりパイプオルガンが鳴り響いた。なんかとても荘厳な気持ちに…
posted by sugimaru at 23:56 | Comment(6) | TrackBack(0) | ライブ '07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。