2009年01月01日

SWAN SONG COUNCIL vol.10@新宿MARZ+Motion

MARZ:The Brixton Academy/PILLS EMPIRE/cryv/QUATTRO/the SHUWA/PaperBagLunchbox/school food punishment/wooderd chiarie/LAZYgunsBRISKY/mothercoat/the telephones/about tess
Motion:halt/birds melt sky/獏/ふくろうず/Ajysytz/RECO./松崎ナオ/about tess
DJ:弦先誠人(FREE THROW)


今年の大晦日はよほどのことがない限り家で静かに過ごそうと思っていたのに、意に反してよほどのことが起ってしまいました。SSCのタイムテーブルを見たら、なんとwooderd chiarieがカウントダウン。ほんとにコントみたいな二度見をしちゃいましたよ。で、結局3年連続MARZで年越しです。


去年のカウントダウンはtelephonesで、それはもうすごい盛り上がり。そして今年は「俺らはlove & discoはできないけど、自分たちらしいカウントダウンにしたいです」というクボテラさんの言葉どおり、とてもwooderd chiarieらしいカウントダウンでした。

3、2、1、0、あけましておめでとう〜と同時に「アイのストーリー」のイントロのギターが鳴るという、カウントダウンでありながらも、ちゃんと曲を聴かせるライブ。年があけてからの3曲はすごかった。「スロー・ラーナー」なんてタツマくんの声が伸びに伸びてました。

かなりお酒も入ってなにがなんでも盛り上がりたいというお客さんの方がちょっと前のめりな感じでしたね。去年に比べたらちょっと人が少ないななんて余裕でいたのに、気がついたら後ろに人がいっぱいで、最後の方でちょっと貧血起こしかけて、ラストの「幽霊たち」はなんか照明がきれいだな〜なんてボーと見てました。2年前の大晦日、やっぱりこのMARZで観た「幽霊たち」と同じ、グリーンのシャワーみたいなライトが一点に集まってタツマ君を照らすという、あの照明。すごくきれいだったなってずっと残っていたんだけど、あの光景がもう一度見られて嬉しかった。

01. MOONLIGHT
02. sputnika
03. アイのストーリー
04. スロー・ラーナー
05. 幽霊たち


more...
posted by sugimaru at 05:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年12月12日

wooderd chiarie「シンボリック・エレファント」発売記念インストアライブ@タワーレコード新宿店

wooderd chiarie

リハーサルが終った後あとタツマくんがオワセさんからギターを受け取ってそのまま1曲弾き語り。たぶんミスチルの曲。お客さんまだ少なかったけどちょっと得したかんじ。クボテラさんとオワセさんはそんなタツマくんをケータイで撮ってました。

01. ケセラセラ
02. sputnica
03. MOONLIGHT
04. blue
05. アイのストーリー

クボテラさんがMCで1月のワンマンの告知。「最高のライブをします」と言ったあとにちっちゃく「あっ、言っちゃった」って。でもすぐにメンバーの方をみて「するよね!」って言った時にオワセさんが“うん!”ってうなづいたのをしっかり見ました。
ので、ぜったい最高のライブになること間違いなし!
posted by sugimaru at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年12月07日

wooderd chiarie「シンボリック・エレファント」発売記念インストアライブ@タワーレコード渋谷店

wooderd chiarie


前にsleepy.abを観たときはDJブースみたいなところでかなり音も悪かったけど、いまは新宿店みたいにちゃんとステージがあるライブスペースになってた。

3曲目はsputnikaだと思うけど歌詞はsputnicaだったような。
MOONLIGHTはこの前のアップルの時とギターがまた違った感じ。後ろの方にいたのでほとんどステージが見えなかったけど、どんな風にギター弾いてるのか見たかった。時折見えるオワセさんの被ってた帽子がかわいかった。

クボテラさんのMCはいつもながら。オワセさんに「毎回しゃべるの?」って突っ込まれてたけど「MC聞きたいって人もいるかもしれないじゃん」って。最後に「何か言うことある」って振られたタツマくんは「ありがとうございます」と一言。深いリバーブのかかったスィートボイスでした。

01. blue
02. ケセラセラ
03. sputnika
04. MOONLIGHT
05. アイのストーリー


ライブのあと特典引き換えは、アコースティックライブ音源3曲収録のCD-R。私は新宿店までお預け。帰り際にどっかで見たことある人だなと思っていたらタイラさん。この前のシェフのライブで初めて顔がわかりました。普通にお財布から特典引換券を出して並んでるのがちょっとおかしかった。
posted by sugimaru at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年12月06日

euphoria oneman live“silver lining vol.4”@渋谷O-nest

euphoria
opening act:上坂拓海
posted by sugimaru at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年11月28日

CINRA presents exPoP!!!!! volume20@渋谷O-nest

conchill/the guitar plus me/wooderd chiarie/bronbaba

conchill
真ん中のノートPCの前にいるボーカルの女性がなんか見たことあると思っていたらYuccaのドラムさん。左のVo.Gt.さんが「品川さん」って呼んでいたので、たぶんそう。

the guitar plus me
以前あるライブでのちょっとした出来事から、ちょっと気むずかしそうな人という印象。そんなことないんだろうけど、でも一度持ったイメージはなかなか拭えず、この方のライブはちょっと緊張してしまう私。
それはさておき、いつも思うことだけど“the guitar plus me”というネーミングはとても秀逸。「ギターと私」。なんてすてきな名前なんだろう。

wooderd chiarie
いつものライブとはちょっと雰囲気ちがう。演奏もお客さんも。
セットに「musth」が加わるだけでライブの空気ががらっと変わる。「Brazil」もライブを重ねるごとにCDとはぜんぜんちがう印象になってきた。ライブの途中から入ってきた外人のかわいい女の子がのりのりで、曲の途中でいきなり「ウォ〜」と叫んでびっくり。それも「blue」で。なんかすごく新鮮で面白かった。

bronbaba
さっきの外人の女の子はbronbabaのファンだったみたい。最前で彼氏と二人ぐらぐら揺れてる。以前観た時は3人だったけど、今はDr.とVo.Gt.の二人。アバンギャルドなものはけっこう好きだけど、正直いうとこれはよくわからない。音に包まれるという感覚はよくあるけど、bronbabaの場合は音に呑み込まれるという感じ。
posted by sugimaru at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年11月20日

wooderd chiarie「シンボリック・エレファント」発売記念インストアライブ@アップルストア渋谷

wooderd chiarie


ここの、あの階段から降りてくる登場シーンはけっこう笑える。あれが本当に様になる人ってGacktくらいでは。
先頭のオワセさんが階段を降りたところで一番前にいたお客さんとがっちり握手、って電話ズの石毛さんじゃん。それに笑いがおこって場の空気が一気になごんだ。

01. blue
02. MOONLIGHT
03. ケセラセラ
04. リビングの象
05. アイのストーリー

wooderd chiarieの曲はどれもアコーステッィクに馴染むと思うけど、MOONLIGHTとリビングの象はちょっと意外だった。かなりアレンジされていてアルバムとまた違った印象。MOONLIGHTはアコースティックの方があのルソーの絵のイメージにより近いかも。リビングの象もバンドアレンジとはかなり質感が違う。
1曲ごと入るMCはめちゃくちゃゆる過ぎ(笑。
クボテラさんがなんとかタツマくんに喋らせようと話を振るものの、タツマくんはいつもの飄々とした感じで最後には「いったい何を求めてるんですか?」って切り返されてた。

帰る時にiTunesの1曲ダウンロードカードをもらったけど、いまこんなのくれるんですね。Apple太っ腹!
posted by sugimaru at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年11月03日

onsa「音旅行」発売記念インストア アコースティックライブ@タワーレコード新宿店

onsa


岡ちゃん、やっぱり歌うまい。
歌うまい人はやっぱりアコースティックが映えますね。

そんなつもりはなかったのですが、前につめてくださいって言われてけっこう近くで観てみたら、岡ちゃんけっこうマイクから離れて歌ってるんですね。

小山さんのMCはいつもの下ネタだったらどうしようと思っていたのですが、さすがにそれはなくちょこちょこといいこと言って、そこんとこは場の空気を読むという大人っぷり。
でも最後に「矢島美容室でした」と言い放って去っていきました。
posted by sugimaru at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年11月02日

"Primitive!!" ―非日常を観る。Produce by Mukaiyama Toshitaka & Shimokitazawa ERA@下北沢ERA

メインステージ:bronbaba/wooderd chiarie/uhnellys/Nego+VJ mitchel
サブステージ:broken haze/marginal profit/珠洲(BazillusKF)
posted by sugimaru at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年10月23日

wooderd chiarie presents『オオガラスの放物線vol.3』@下北沢SHELTER

オオガラスの放物線 vol.3

24 -two four-/nenem/wooderd chiarie

SHELTERはちょっと苦手。ぎゅうぎゅうになると「出して〜、私をここから出して〜」って叫びたくなる。でも今日はそんなにぎゅうぎゅうにもならずちょうどいいかんじ。


24 -two four-
2年くらい前に一度観たことがあって、その時はちょっとタバコジュースみたい、な印象を持った覚えがある。前に見た時はインストだったような気がするんだけど…。すごくハッピーでタバコから影の部分を取り除いたようなバンド。東名高速が好きなんだけど今日は工事中で中央道できたら、中央道も好きになった的なMC。あとベースさんがゆたちんさんのおもしろエピソードをぜひに言いたいってことで「ゆたちんです! 久保寺です!」のエピソードをひとしきり。

nenem
1曲目から6〜7曲目くらいまで途切れることなく圧倒するような演奏。客に拍手する暇さえ与えないといった感じ。今年のはじめにナインスパイスでレコ発を観たけど、あの時よりずっとよかった。もっとオシャレな空間が似合うと思っていたけど意外とSHELTERにあってました。
ステージが狭くて映像がメンバーに被ってしまってよくわからなかったけど、それも演出?と思うほどなんか混沌としてかっこよかった。

wooderd chiarie
この日は11月に出る「シンボリック・エレファント」のお披露目会ということで、アルバムの曲を収録順どおり全曲やったわけですが…。アルバムの発売まで1ヶ月もあるというのに、それはもう完成度の高いライブ。圧巻でした!

ライブで何度も聴いている曲もあれば、初めて聴く曲もあり、そしてあの曲がこんなことに!!! だったり、この曲がこんなことに!!!!! だったりと、もう半分くらいのところで私はすでにキャパオーバー。今日はこのへんにして続きは明日にしてくれないか!とか本気で思ったりも…。

けっこう緊張感のあるライブでしたが、7、8、9曲目のスロー・ラーナー〜musth〜Brazilが終ってその緊張感もほぐれてきたのか、ここでほのぼのMCタイム。次のsputnicaについてタツマくんにMCを振るものの「あたま、真っ白っすね〜」と言葉が出てこない。そんなタツマくんに「疲れた?」「水飲みなよ」「ゆっくり喋っていいんだよ」って、お母さんかよ!ってくらいやさしく声をかけるゆたちんさん。そして、そのほのぼのエアーにちゃちゃを入れるオワセさん、というこれまであまり見たことない光景。オワセさんのつっこみがなかなか効いてました。

ライブが終ってアンコールの拍手。私はもう充分満足でこのまま終ってもいいくらいに思ったけど、でもこの素晴らしい演奏には拍手を贈るしか術がない。その拍手にとって返すように飛び出してきたクボテラさん。お客さんから「早い!」って突っ込まれてたけど…。クボテラさんの「何やりましょうか?」って言葉に即座に「昨日決めたじゃん」って返すオワセさん。

ウッダード・チアリらしい緊張感と温かさを感じさせるそんなライブ。


more...
posted by sugimaru at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年10月19日

organic stereo “a little piece of a little peace”@原美術館

organic stereo


昼間は芝生の上でのアコースティックライブ。
そして日が暮れて閉館後にホールでのライブ。

あたたかい日差しややわらかな風が似合う音。
そんなorganic stereoにとってまさに絶好のロケーションでのライブでした。

都会の真ん中にひっそりと存在しているこじんまりとした美術館。
壁の隙間の配線とかがありそうな空間に展示物があったり、ひとつの部屋がまるまる作品だったりと、建物自体セットの中にいるような不思議な場所。

夜のライブにはゲストでギターの人(お名前失念いたしました)とeuphoriaのリズム隊が参加。これってほぼeuphoriaじゃんっても思ったけど、断然こっちの方が好き。

なぜライブってライブハウスでしかやらないんだろう……
それはやっぱり音を出す環境が整っているからだろうけど。でもその音が鳴るのにふさわしい場所を選んで自由にライブが出来るのであれば、もっとライブに行く人が増えるんじゃないかな。
posted by sugimaru at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年10月18日

KiCHi presents 大車輪vol.2〜うるさいマナー見本市〜@新宿NINE SPICES

081018_daisyarin.jpg

ZOOCHIKUBI/レシーバーズポンポンヘッド/thai kick murph/short film no.9 (from 名古屋)/Yucca


9月のcloserの時に初めて観てなんとなくCD買ったら見事にはまってしまいました。
あれからまだ3週間ですが、いまや立派なshort film no.9のファンです、私。

今日は7〜8曲やったけど、ライブ2回目なので知らない曲いっぱいでした。
知ってる曲は、CDに入っていた「message from doramancy」とcloser vol.3音源の「Downliners Sect」、vol.2の「(unfinished) long beach」の3曲。
でもあたま2曲は初めて聴いたけどすごく好きな感じの曲でした。

月2回ライブやったら「おぉ〜すげぇ〜」となるくらいの活動ペースらしいです。
11月の名古屋と大阪のcloserで年内のライブは終わりとか。
Gtさんが「それってどうなの、もっとやった方がいいんじゃない?」て言ってたけど、Voさんは「まあゆっくりやりましょう」って。
見るからにマイペースそうだものね。
なので、次に東京で観られるのは来年になってしまうようです。
まあこちらもそのペースにゆっくりお付き合いすることにします。

posted by sugimaru at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年10月10日

柳ジョージ&レイニーウッド LIVE 2008@Zepp Tokyo

柳ジョージ&レイニーウッドが27年ぶりに再結成。

なんかめったに見ることのできない不思議な光景に遭遇した。
会場内に入ると、というか入場の列からもう周りはおじさん、おばさんだらけ。とうぜん私もその中のひとりですが。平均年齢45歳? いやもっと高いかも。6:4か7:3くらいで圧倒的に男性が多い。
ここZeppだよね?って確かめたくなるほど。

これが土日ならまだ雰囲気も違ってたかもしれないけど、金曜の夜。
会社帰りのネクタイにスーツ、ビジネスバッグの男性、それも部課長なんてもんじゃなく、うちの会社でいったら事業部長クラスがうようよしてる。

そんなおじさん、おばさんが夢中でステージを見つめ、体を揺らし、手を叩いて歓声をあげている。
「ジョーちゃんサイコー」って叫ぶ人もいれば、立ち上がってレイニーウッドコールをしてる人も。




more...
posted by sugimaru at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年10月04日

RADIOHEAD JAPAN TOUR 2008@さいたまスーパーアリーナ

opening act:Modeselektor
posted by sugimaru at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年09月27日

epic45 Japan tour 2008 & miaou "all around us" release tour@渋谷O-nest

080927_epic45.jpg

miaou/epic45

受付を通って下のステージに降りていったとき、一瞬入口がわからず隣のトイレに入りそうになった。「えっ、いったいどうしたんだ?」と思ったら入口のところまで人が溢れていてドアが開いたままだった。そういえばエレベーターで上がってくる時、今日はやけに音が響いているな、なんて思っていたら。
miaouのライブが始まっていたけど人が多過ぎて中へ入れない。途中MCで「もうちょっと前に詰めてください」ということでなんとか入ることができてドアもしまったけど、人の背中しか見えません。あきらめて音だけ聴くことに。最後の曲が素敵でした。

epic45も音だけ?と思ったけど、miaouが終って人が流れてきたので前の人にくっついて中へ中へ。

最初の方こそ「あっCDと一緒だ」なんて感じだったけど。要するにちょっともの足りないというか。でも徐々に引き込まれていって、とくに最後とアンコールのドラム(たぶんmiaouの人)が入った曲は素晴らしかった。

なんか渋谷は相変わらず人が多いは、昼からずっと立ちっぱなしでライブ観て腰は痛いは、そんでネストに来てみればぎゅうぎゅうだはで、もう早く帰りたいなんて思っていたけど、epic45のライブはそんなこと全部忘れるほど圧倒的な美しさ。
そしてあらためて音楽の素晴らしさを実感。音だけでこんなにも美しい世界を創れるなんて。
posted by sugimaru at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

CLOSER vol.3 東京公演@法政大学 外濠校舎

080927_closervol3.jpg

CLOSERの3回目。
今回の会場は法政大学外濠校舎B1F 多目的室1・多目的室3というライブ会場とは思えないような堅い名前のところでした。

やっぱりいいイベントだなあ。
運営スタッフも参加バンドの方や学生さんがやっていて手作り感満載。それだけに主催者側の想いがちゃんと伝わってくるような、他のライブではなかなか味わえないようなあの雰囲気がすごく好き。

夜は別のライブがあったので途中まででしたが、そこまでのバンドは全部観た。

ARTLESS NOTE(多目的室1)
 ↓
SFOUR(多目的室3)
 ↓
bloom field(多目的室1)
 ↓
ASAYAKE01(多目的室3)
 ↓
folk squat(多目的室1)
 ↓
oaqk(多目的室3)
 ↓
short film no.9(多目的室1)

途中1のステージが押してしまって、1〜2曲だけのもあったけど。
他の出演バンドはこんな感じ。

what ever film/iierro/rega/Psychedelicious/cryv/miyauchi yuri/キツネの嫁入り/neonsign/4 bonjour’s partiesYucca

regaが観たかったけど時間的に無理だったのが残念。

今回はロケーションも良かったです。周りに緑がたくさんあって人も少なくて静かだし、建物はきれいだし。
受付を挟んだ2つの部屋で、近いから行き来も楽だったし。
真ん中の受付の当たりには出演バンドの人たちがたまっていて、ざわざわとしてなんだかちょっと学園祭みたいな雰囲気でした。


そして何よりも一番嬉しかったのが、ひさびさにやってきたあの感覚。
「あぁ、出逢ってしまった」と思えるような音楽に出逢ってしまったかもしれない…
posted by sugimaru at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年09月23日

924@SHIBUYA-AX

People In The Box/the telephones/スパルタローカルズ/五十嵐隆(犬が吠える)


それまではSEが止んで照明が落ちると拍手と歓声が起ったのに、五十嵐さんのときは水を打ったようにしーんと静まり返ってた。

いったいどう出てくるのかまったく想像できなかったけど、1、2曲目がすごく好きな感じの曲だったのでちょっとホッとした。
シロップの時はライブで初めて聴く曲はほとんど歌詞が聴き取れなかったけど、今日はけっこう歌詞がはっきり聴き取れた。一番反応したのが「中央線が止まっても〜」ってとこ。「そうそう中央線ってすぐ止まるんだよね」って。
6〜7曲やって、相変わらず何も喋らず退場。ちゃんと言葉にして伝えた方がいい場面もあると思うのだが。


五十嵐さん抜きで考えて、たまたま観たライブで何も知らずにこのバンドが出てきたら、またライブ観たいCD欲しいってって思うかどうか……たぶん思わなかったんじゃないかな。
シロップは私にとっては無条件に優先順位がトップだったけど、そこは一旦まっさらにして、この先CD聴いてライブを観て自分がどう思うのか、それはそれで楽しみだったりする。


テレフォンズよかった。
ミラーボールは天井に吊ってあるよりあの位置の方が断然おしゃれ。真っ暗ななかライトが当たってきらーんってなるのががなかなかいい演出だった。
新曲の2曲目がいい感じ。ハンドクラップありコールアンドレスポンスありで、ライブで多いに盛り上がりそうな曲。
posted by sugimaru at 23:37 | Comment(4) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年09月21日

avengers in sci-fi presents (THE DARKSIDE OF) SCIENCE ACTION@六本木super deluxe

guest:the chef cooks me

080921_sci-fi.jpg


フロアライブって初めて。お客さんがもう目の前。後方は段々の台になってるので後ろの方でもわりと見やすかった。

シェフはウィーケンから。2曲目のWe love Cityは「ワンツースリーで跳ぶからね」って、この前まではフォーで跳んでたのに。
例の振り付けの曲は、みーちゃんとヨッシーのダンスがかっこよくなってた。なかなか動きに切れがあって。歌詞はかなりサイファイver。
僕らの〜は新録ver.で「Bo・Bo・Bo・Bo・僕らの住む町〜」が聴けて嬉しい。
最後のライフスタiLLはシモリョーさんのぶっ壊れ具合がすごかった。入口の方の誰もいないようなところでまで行って歌ってた。

アベンジャは新曲けっこうやっていて、新曲3曲目くらいのジャカジャカジャカジャカってかんじの曲がよかった。
VJもサイファイちっくでよかったです。「シェフにはVJ使わせなかったけど、これは主催者の特権です」って。
イナミさんにはみょうがとなすの差し入れ。お味噌汁にするのであとは味噌を待ってるとのことでした。
最後は先生に一言と、先生が喋ろうとしたところでタロウさんが「あ、告知があったんだ」
でも最後はハッセの「サイファイしよーぜ!」でナユタナイ、すごい盛り上がりでした。

日曜の夜の六本木なんていやだなー雨も降ってるしって相変わらず出かけるまでグズグズしてたけど、行ったらやっぱり楽しかった。
posted by sugimaru at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年09月18日

euphoria 3rd album“silence in everywhere”release tour@渋谷O-nest

080918_euphoria.jpg


WATER WATER CAMEL/LLama /euphoria

LLamaのボーカルさんが「今日はキャメルとラマでどちらも偶蹄目科つながりで……euphoriaってなんて意味?」ってメンバーやお客さんに聞いていたけどだれも知らなかった。
私は知ってる…はずだったんだけどとっさにわからなくて「あれ?なんて意味だっけ」その場ではまったく思い出せず。

でも、euphoriaのライブ中突如思い出した。「そうだそうだこれだよ!」って。
euphoriaは「幸福感」とか「高揚感」という意味。
まさに“euphoria”なライブでした。

アルバムの曲はどれもよかったけど「Butterfly Track」がよかった。とくにドラムがすごくよかった。でも「white pattern」はやっぱり最強。私にとってeuphoriaそのものと言える曲。

レコ発にしては短すぎるんじゃない?というくらい、あっという間に終ってしまって、ちょっともの足りない。けど、12月にnestでワンマンやるそうです。


お土産にTシャツを買って帰ってきましたが、やっぱりeuphoriaはTシャツも最強。何がいいって、ベースのTシャツがいいんです。生地といい襟ぐりの開きといい、袖ぐりといい。こういうところにデザイナーさんのセンスの良さが伺える。ただのグッズと侮らず他のバンドもこれくらい気を使ってもらいたいものです。
posted by sugimaru at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年07月19日

the chef cooks me presents GREATEST EATING 〜ライフスタイル・メイクスマイル コンパクトディスク リリースパーティ-@下北沢ERA

wooderd chiarie/onsa/pocketlife/from blind starter/LITE/CANOERIDE/avengers in sci-fi/the chef cooks me

アツいアツいライブでした。
アツい・・・熱いというか、暑い! 
途中でもしや?とは思っていたけど、やはりERAの空調が壊れてしまったらしく、ホントに暑かった。
でもそんな暑さを吹き飛ばすほど(そうはいっても実際はかなりぎりぎりの状態でしたが)素晴らしいレコ発でした。



01. 僕らの住む街
02. WE LOVE CITY
03. ライフスタiLL・メイクスマイル
04. レイトナイトスリープエイド
05. Oh Yeah, Music! You Are Mine!!
06. Weekend Magic Numbers
en. Celebrate The Night!!



ニーチェさんデザインのイベントT。
出演バンドそれぞれのイメージを絵にした記念の一枚。

080719_tccm.jpg
posted by sugimaru at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年07月17日

the chef cooks meインストアライブ@タワーレコード渋谷店

the chef cooks me『ライフスタイル・メイクスマイル コンパクトディスク』発売記念インストアライブ。

とても楽しかったです。

って、ぜんぜん楽しさがにじみ出てないですが。
でも本当に「いままでライブ行かなくてごめんなさい」と正座して謝りたくなるくらいステキなライブでした。

ほぼ1年ぶりくらいかな? 久々だったので完全に油断してました。
不覚にも2曲目の「僕らの住む町」のハンドクラップのタイミングがわからなかった。
でもその次は大好きな「We Love City」。アルバム買ったけどこれしか聴いてないってくらい好きな曲だったので「これはまかせて」と思ったのですが……これハンドクラップしないのね。振り上げたコブシを〜って感じで、仕方ないので胸の前でひとり小さく手を合わせてました。

シモリョーさん、ワイヤレスマイクだったので途中ステージ降りてフロア中駆け回ってました。

シモリョーさんの日記にちょっとしたニュースがあるって書いてあったのですが、なんと
「実は昨日婚約しました。ウソです!」って、否定早過ぎ(笑)
本当のニュースは「僕らの住む町」を改めてレコーディングするので、それに際してhand clap & stomp要員を募集するというものでした。

シモ「人気バンドなんで抽選になってしまいますが…」
一同:爆笑

でも、冗談ではなく本当に抽選かも。だってめちゃくちゃ楽しそうだもの。

最後は「WEEKEND MAGIC NUMBERS」。
これも大好きな曲なので、さすがにハンドクラップ完璧にやり遂げました!

アンコールは新曲? なんか振り付けありました。でも「今どきその振り付けって〜」って突っ込みたくなるような。あと、曲の頭のみーちゃんとヨッシーのダンスが、なんというか……まあ機会があれば、ぜひもう1回見たいです。




帰りにもらったフライヤー

080717_tccm.jpg

いろいろな人からのコメントがあったのですが、なんと噂の高見沢父のコメントも。
「とおるちゃんでぇ〜す」って(笑)
posted by sugimaru at 23:10 | Comment(6) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年06月29日

“Terra Incognita”Release Party!!@代官山UNIT

neco眠る/KINGDOM☆AFROCKS/GOMA da DIDGERIDOO/旅団[guest:辻コースケ/rocomoon]
DJ:AO INOUE(Dry&Heavy/maccafat)/YAHMAN(CHAMPION BASS)
VJ:mitchel
posted by sugimaru at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年06月26日

2008年06月08日

Getting Better 〜12th Anniversary Party "Extra"〜@渋谷O-EAST

Live:wooderd chiarie/メレンゲ/ART-SCHOOL/GRAPEVINE
DJ:片平実/神啓文/弦先誠人
VJ:Big Mouth


初めてのO-EAST。
これでnest、WEST、EASTそしてDUOと、完全制覇! と思いきやCrestが残ってた。

EASTはいいですね、逃げ場がたくさんあって。ぎゅうぎゅうじゃなかったせいもあるけど、これなら長丁場でも十分耐えられそう。

Getting Better12年のアニバーサリーライブということでしたが、本家のGetting Betterを知らない私にはいまいちおめでとう的な気分がよくわかりませんでした。Getting BetterにしてもFREE THROWにしても行きたいな〜と思うものの、さすがにオールナイトはね。
片平さんはなんとなくわかるのですが、ジンさんとマコトさんはまったくわかりません。開演前のDJは誰? えらくかっこいい人がDJしてるなって思って見てたんですけど。ウッチャリの直前にアベンジャかけてましたよね。

wooderd chiarieをこんな大きな会場で、こんなたくさんのお客さんで観るのは初めて。ステージも広いな〜って、かなりドキドキしながら待っていたんですが、最初の音がなった瞬間…あ、いつもと同じ。私はかなり力入ってたんですけど、ステージの上はいたって平常心。

01. 幽霊たち
02. マジック・アワー
03. throb in theory
04. 存在のエピタフ
05. アイのストーリー

セットリストもいつもどおり。
いつも以上にいつもどおり。アルモニ・カフカ買ってね☆みたいな
こういう場では絶対やらないだろうなとは思うけど、フォークロアとか心象風景画とかやれば、もっとwooderd chiarieがどういうバンドかっていうのが伝わると思うんだけど…。

ウエムラくんは気合い入ってたのか、それとも歌ってて気持ちよかったのか。throb in theoryとかエピタフでそう感じました。
posted by sugimaru at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年06月07日

ASAインストアライブ@タワーレコード新宿店

ASAはナイジェリア出身の26歳の女性シンガー。ちょっと前にiTunesのフリーダウンロードで「Fire on the Mountain」を聴いて、曲もよかったけど、声がとても好きな声だったんです。

ライブはギターとコーラスとASAの三人。決して派手に歌い上げるというわけではないけど、あたたかい中にも強さがあってすうーと沁み込んでくるよな心地よい歌声でした。

cd_asa.jpg
http://asamusic.jp


最近インストアばっかり。でも入場フリーでこんな素敵なライブが聴けて、それに時間も30分くらいなのですっかり体力&根性が減退気味の私にはちょうどいいです。

いつもは目的だけ済ませてさっさと帰ってくるのに、今日は終った後で知り合いと待ち合わせていろいろと買い物に付き合っていたら、もうてきめんに腰にきた。なんでこんなにだめだめになってしまったんでしょう。






そして、
新宿店にもありました「なんか、ありがとう」のメッセージ。
ほんの一言なのに、あまりにらしくて…
こちらこそいい曲たくさん、なんかホントにありがとねって気持ちです。
posted by sugimaru at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年05月23日

旅団「Terra Incognita」発売記念インストアライブ@タワーレコード新宿店

旅団

30分前に着いたらリハ中。今日は10人編成。いない人が誰なのかわかりません。はっきり顔がわかるのは向山さんだけなので。でも向山さんはいませんでした、残念・・・

インストアなので静かめな曲中心でしたが、最後の「Sadame」はけっこうきてました。
でもでもこんなもんじゃないだろう、ということで帰りにリリースパーティーのチケットを購入。

特典CDのアンコールトラックは「神の子どもはみな踊る」
こちらもいいです。


→旅団/Terra Incognita(You Tube)
posted by sugimaru at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年05月17日

ERA 6th Anniversary!!

hununhum/LITE/mouse on the keys
posted by sugimaru at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年05月16日

ERA 6th Anniversary/wooderd chiarie & PaperBagLunchbox presents 2マンライブ「バタフライエフェクト・ランブリングエレファント」

080516_pbl-wooderdchiarie.jpg

PaperBagLunchbox/wooderd chiarie



01. アイのストーリー
02. 新曲
03. access for rewriting
04. blue
05. 新曲
06. 新曲
07. throb in theory
08. マジック・アワー
09. 幽霊たち
10. 心象風景画
en. 存在のエピタフ
posted by sugimaru at 23:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年04月26日

RaidWorld Festival@SHIBUYA-AX

world's end girlfriend/envy/MONO/explosions in the sky
posted by sugimaru at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08

2008年04月25日

海の森の音楽祭@三軒茶屋Grapefruit Moon

080425_uminomori.jpg


Eguchi Kazutoshi(from northend)/ウエムラとオワセ(from wooderd chiarie)/clean of core/向山聡孝・辻コースケDUO
[VJ]mitchel/Artdirection by azusa(nandii)
posted by sugimaru at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ '08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。